検索

ちょっとした節約のアイディア


車を維持していくのは、結構お金がかかるものです。ガソリンや修理代、タイヤもすぐに減ってしまうし、冬になればスノータイヤも必要。。頭の痛いことですが、少しでも燃費を向上させたり、節約できたりする方法をご紹介します。


1.フィルターをきれいに保つ

車の燃費を上げる一つの方法は、フィルターをきれいに保つことです。Department of Energyによると、汚れたフィルターを交換するだけで、10%近く燃費が向上するとレポートしています。「洗えるフィルター」というのもありますので、何回も使うことができて経済的です。



2.タイヤの空気圧を測る

適正なタイヤの空気圧を保つことは、燃費を上げるもう一つのカギです。タイヤゲージを一つ手に入れましょう。それほど高価なものではありませんし、簡単に空気圧をチェックすることができる優れものです。空気圧を測るときは、運転を終えてから、最低でも3時以上たってからにしましょう。運転中は空気圧が上がっているものですので、それが平常値に戻るまで待つ必要があるのです。適正な空気圧は車種によって違いますので、あなたの車の適正値はオーナーズ・マニュアルで確認してください。

修理工場で低燃費タイヤ(low resistance tire)を勧められたことがある方もいらっしゃるかもしれません。ただ、低燃費タイヤはグリップが弱いという欠点があるので、ニューヨークのような道路のコンディションがあまりよくないところや、冬場の厳しい気候で有効かは疑問が残ります。



3.燃料システム・クリーナーを入れる

クリーナーは簡単に手に入って、ただガソリンタンクに入れるだけなのに、燃費向上には貢献します。一度お試しください。






4.合成オイル

合成オイル(synthetic oil)は数パーセント燃費の向上に役立ちます。また、長持ちするのでオイルチェンジの回数が減り、節約にもなります。ただあまり安いオイルは使わないほうが賢明です。


5.便利なアプリ

ガソリンスタンドの価格を比較できるアプリを手に入れました。GasBuddyというのアプリで、オンタイムで調べたい地域のガソリンスタンドの価格が表示されます。いつも何となく使っていたスタンドが、意外と高かったり、近いけどあまり行かないスタンドが安かったり、思わぬ発見がありました。

また、はじめて行った場所で、スタンドを探すのにも使えます。


36 West 44th Street, Suite 1011, New York, NY 10036

  • Facebook Social Icon
  • Black Instagram Icon

© 2020 Fuji Driving School, Inc. All Rights Reserved.