検索

たかがクーラント、されどクーラント


エンジンオイルはまめにチェックしても、クーラントはあまり見ない、オイルチェンジの時についでに補充してもらうもの、と思っていませんか?でも、クーラントって結構重要な役割を果たしているのです。


夏はラジエーターなどの冷却装置の沸点を引き上げる

冬は冷却装置が凍る温度を引き下げ

年間を通じ、冷却装置をサビや腐食から守っています。

そして、ご自分の車にあったクーラントを使用しないと、思わぬ出費を強いられることにもなりますので、注意が必要です。


おおまかに、以下の4種類があります。

• IAT – Inorganic Additive Technology

• OAT – Organic Acid Technology

• HOAT – Hybrid Organic Acid Technology

• Hybrid and Electric Vehicle Cooling Systems


クーラントは車の部品の素材によって、あるいは製造年、メーカー、モデル、などによって違います。いくつか種類がありますので、マニュアルで確認しましょう。あるいは信頼のおける自動車工場やディーラーで見てもらってもいいでしょう。

以前はクーラントは緑色と相場が決まっていましたが、いまはピンクや黄色などいろいろあるようです。ただ、色でタイプを見分けるのは難しいそうです。


36 West 44th Street, Suite 1011, New York, NY 10036

  • Facebook Social Icon
  • Black Instagram Icon

© 2020 Fuji Driving School, Inc. All Rights Reserved.