必要書類・資格

DMVではニューヨーク州に居住している証明、および氏名の証明ができる書類の提出を義務付けています。

 *すべての書類はオリジナルでなければなりません。(コピーは認められません)

​ *期限が切れている書類は認められません。

​セクション-A 以下のいずれか一つが必要です。

       ソーシャル・セキュリティ・カード

       Social Security Ineligibility Letter(注1)

          SSNを発行されたことがない宣誓供述書(注2)

​セクション-B 以下のいずれか一つが生年月日の証明として必要です。

   米国以外のパスポート(注3)

   グリーンカード (Permanent Resident Card  I-551)

   労働許可証(Employment Authorization Card) (I-688B or I-766))

   外国の出生証明(政府機関発行のもの)

   期限が切れたグリーンカード(期限切れから2年以内)

   期限が切れた労働許可証(期限切れから2年以内)

   外国の運転免許証(写真付き・有効期限内、または切れてから2年以内)

   米国他州の運転免許証(有効期限内、または切れてから2年以内)

   米国のパスポート

   移民証明(Certificate of Naturalization or Citizenship) (N-550, N-560, N-561, and N-570)

   US出生証明書

氏名証明

​ポイント

0

2

0

氏名証明

​ポイント

4

3

3

0

2

2

4

4

4

3

0

office share.jpg
運転免許取得ガイドブック

上記ABの氏名証明のポイントの合計が6点以上になる場合、Cより居住証明と認められる書類を選んでください。
上記ABの氏名証明のポイントの合計が6点に満たない場合、Cから選んで、合計6点にして下さい。
また、居住証明と認められる書類を選んでください。

​付の書類を使用した場合はReal IDを取得することはできません。

​セクション-C ニューヨーク州居住証明及び追加氏名証明

   NY州運転免許(期限失効から2年以内)

   NY州Non-Driver ID Card

   21歳未満対象、保護者の保証書(MV-45) (注4)

   ニューヨーク州車両登録(Certificate of Title)

   ハイスクールIDカード(レポートカード付)

   カレッジID(写真とトランスクリプト付)

   米国の銀行ステートメント

   支払い済みチェック(名前があらかじめ印刷されているもの)

   給与明細 "Pay Stub"(コンピューターで印刷されているものに限る)

   米国の自治体発行の写真付きIDカード(Municipal ID Card)(ニューヨーク市のID)

   米国で加入した生命保険ポリシー

   公共料金の請求書(現住所が記載されているもの)

    Income Tax W-2

      クレジットカードのステートメント

   消印付きの手紙

   家・アパートのリース契約

   米国の結婚証明・離婚証明、裁判所発行の氏名変更証明

   米国銀行発行のATMカード(氏名・サイン入り)

   米国で発行されたメジャーなクレジットカード(有効期限内)

   米国のスーパーマーケット・チェック・キャッシング・カード(サイン入り)

   健康保険カード

氏名証明

​ポイント

居住証明

6

6

4

2

2

可 *

可 *

可 *

1

1

可 *

可 *

可 *

可 *

可 *

可 *

1

1

1

2

1

0

0

0

可 *

可 *

1

2

1

1

不可

不可

不可

不可

1

不可

1

​住居証明の「可*」は書類発行日より1年以内のもののみ有効

注意

  1. 証明書類にはフルネームが記載されていなければならない。

  2. 証明書類にはNY州の現在の居住住所が記載されていなければならない。(PO BOXは不可)

  3. ひとつのソース当たり、証明書類は一つ(例:同じ金融機関から発行されるステートメント、クレジットカード、ATMカードは一つの証明と見なされる)

  4. ひとつのタイプ当たり証明書類は一つ(例:電話の請求書、電気の請求書などは公共料金として一つの証明と見なされる

  5. 居住証明の書類に記載されている氏名は、配偶者名義のものも使用できる。(ラストネームが同じ場合のみ)

​以下のDMVのサイトもご参照ください。

https://dmv.ny.gov/dmv/help-finding-enough-proof-id

(注1)

1. ソーシャル・セキュリティー・オフィスで「Letter of Ineligibility」を取ってください(※Letterは点数に入りません)。
3. 「Letter of Ineligibility」の有効期限は発行日から30日ですので、期限内にDMVで免許の申請を行なってください。

<ソーシャル・セキュリティー・オフィスの所在地>
https://secure.ssa.gov/apps6z/FOLO/fo001.jsp

※SSオフィスには必ずご本人が行ってください。その際にはパスポート、有効なビザを忘れずに持参してください。また、移民局関連の証明書の呈示が必要になるかもしれません。

(注2)

ソーシャル・セキュリティ番号を発行されたことがない宣誓供述書

(Affidavit of never having been issued a social security number (NSS-1A) 

DMVのサイトからフォームをダウンロードし、notary public (公証人)のところにでサインをもらってください。

​公証人は銀行や不動産会社、UPSストアなど身近なところで探せます。

(注3)

合法的に米国に滞在している証明として、有効なビザ及びI-94の提示が要求されます。I-94は事前に「税関・国境警備局」(U.S. Customs and Border Protection)のサイトから取得しておいてください。

パスポートに上記の合法的滞在証明がない場合、生年月日の証明書類として使用することはできますが、REAL IDを取得することはできません。

(注4)

申請者が21歳以下で、十分なIDがそろわない場合、MV-45を4点としてカウントすることができます。この書類は申請者の保護者が申請者のIDを保証とするという内容です。その場合、以下の点に注意してください。

  1. DMVに申請を出しに行く時に、保護者も一緒に行かなければなりません。

  2. 保護者の上記6点の証明書類を提示しなければなりません。

  3. MV-45のサインはDMVのオフィスで、係官の前でしてください。決して事前にサインをしないでください。

MV-45はDMVのホームページからダウンロードすることができます。
http://www.dmv.ny.gov/forms/mv45.pdf

上記の項目は在米日本人が集めやすいものを抜粋しており、DMVが列挙している全項目ではありません。

​全項目詳細は、DMVのウエブサイトでご確認ください。

https://dmv.ny.gov/forms/id44.pdf

​※上記の内容は、予告なく変更する場合がございます。ご了承ください。

36 West 44th Street, Suite 1011, New York, NY 10036

  • さえずり
  • Facebook Social Icon
  • Black Instagram Icon

© 2020 Fuji Driving School, Inc. All Rights Reserved.